妊娠線対策.net

This page:妊娠線対策.netTOP > 妊娠線予防 > 妊娠線を気にしすぎて

妊娠線を気にしすぎて

妊娠,体重管理,食事制限,摂取カロリー

妊娠線を気にしすぎて、無理な体重管理や食事制限に陥らないように気をつけましょう。

妊娠中の体重管理はとても大切なことですが、元気な赤ちゃんが無事出産できるために、体重が増えるのは自然なことであり、赤ちゃんにとっても母親にとってもとても重要なことです。妊娠線を気にしすぎて、無理な体重管理や食事制限に陥らないように気をつけましょう。

妊娠中の体重増加は、お腹の中で大きくなる胎児によるものだけではありません。赤ちゃんは受精卵から誕生に至るまでに、約3000gの大きさに成長します。ですが、妊娠中の体重増加は、「赤ちゃん・胎盤・羊水・母親の脂肪」等、さまざまな要素により増加します。時期別にみると、妊娠前半の20週間に約2kg、後半の20週間に約9kg増加すると言われています。

妊娠中の食べ過ぎによる栄養摂取量の増加や妊娠中の運動不足による消費エネルギーの減少により、妊娠中毒を引き起こしたり、難産になりやすくなったり、妊娠線ができてしまう等、妊娠中の体重管理には注意が必要になりますが、無理な食事制限等によるコントロールではなく、必要な個所に必要な栄養が行き渡るようなケアを心がけましょう。

妊娠中に必要な摂取カロリーは、1日あたり妊娠初期で2000 kcal、妊娠後期で2150 kcal程度と言われています。目安として覚えておきましょう。妊娠中の体重管理として、摂取カロリーを必要最低限におさえることも大事ですが、摂取カロリーの数値にだけこだわるのではなく、無理な食事制限による悪い食事に陥らないように、栄養バランスに気をつけましょう。栄養バランスを考え、体重管理をしっかり行うことで、妊娠線を予防しましょう。

スポンサードリンク

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0