妊娠線対策.net

This page:妊娠線対策.netTOP > 妊娠線予防 > 体重の増加は妊娠線の発生に関係

体重の増加は妊娠線の発生に関係

妊娠,栄養,体重,増加,妊娠線

体重の増加は妊娠線の発生に関係してきますので、望ましい体重の増加を覚えておきましょう。

妊娠中は、十分な栄養を取るように心がけましょう。おなかの赤ちゃんの成長のため、そしてお母さんの体のケアのために十分に栄養を取り、妊娠・出産に耐えられるようエネルギーを蓄えて、出産に備えましょう。

昔は、妊娠中は2人分食べないと!等と言われましたが、食生活が豊かになり、生活環境も大きく変化した現代では、妊娠中に2人分も食べる必要はありません。逆に、妊娠中の食べ過ぎによる栄養摂取量の増加や妊娠中の運動不足による消費エネルギーの減少により、妊娠中毒を引き起こしたり、難産になりやすくなったり、妊娠線ができてしまう等、注意が必要になります。妊娠中に食欲が進むことは生理的なことですが、妊娠線を作らないために、望ましい体重の増加を覚えておきましょう。

望ましい体重の増加は、妊娠前の体格:BMIによって計算されます。BMIとはBody Mass Indexの略で、世界共通の肥満度の指標です。この指標は、身長と体重から計算される値です。まずは、自分のBMI(非妊娠時)を計算してみましょう。

計算式:【BMI値=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m) 】

例えば、
体重50kg、身長160cmの人は、
体重(50kg)÷身長(160cm)÷身長(160cm)=BMI値(19.5)
BMI値が19.5になります。

BMI値18.5未満:痩せている → 妊娠中の推奨体重:9から12kgぐらい。
BMI値18.5から25未満:標準 → 妊娠中の推奨体重:7から12kgぐらい。
BMI値25以上:肥満 → 妊娠中の推奨体重は個々に。

標準的な体重の人の場合、妊娠中の体重増加は7から12kg程度までが許容範囲と言われます。1ヶ月に約1kg程度の増加を目安にするとよいでしょう。妊娠中の体重管理は、気を抜くと簡単にオーバーしてしまいます。体重の増加は妊娠線の発生に関係してきますので、望ましい体重の増加を覚えておきましょう。

スポンサードリンク

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0