妊娠線対策.net

This page:妊娠線対策.netTOP > 妊娠線予防 > 水泳は妊娠線予防にお勧め

水泳は妊娠線予防にお勧め

妊娠線,予防,水泳

大きなお腹を抱えた妊婦さんは、なかなか激しい運動はできません。浮力使った水泳は、妊娠線予防にお勧めです。

妊娠線を予防するためには、急激に太らないことが大切です。大きなお腹を抱えた妊婦さんでも、水の中では浮力が働くことで、重い体が軽くなり、体を楽に動かすことができるため、水泳は妊娠線予防にお勧めの運動です。妊婦さんでも取り入れやすい水泳で体重管理をしっかり行って、妊娠線のできにくい体質を作っていきましょう。

水泳を行う際には、温水プールに行きましょう。水泳後にメディカルチェックを行う等の管理を行っている施設がお勧めです。市営プール等で個人的にスイミングをすることとは、少し異なります。妊娠中の運動ですので、何かあった時に専門職の方がいる施設を利用するほうが、安心です。

また、いくら泳ぐことが、妊娠中の妊婦さんの適度なよい運動になるからといって、水温が冷たく、水質も管理されていない、室外で日焼けする可能性のある海で泳ぐことは、あまり適していないと言われています。注意しましょう。

水泳には、クロール・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライの4つの泳ぎ方があります。妊婦さんに禁止をしている泳ぎ方というのは、特にはないそうです。ただし、平泳ぎを行う場合は、注意が必要です。

<平泳ぎ>
平泳ぎを行う場合、足を開いてキックする際に、股関節や恥骨に負担がかかる可能性があるため、注意が必要だと言われています。平泳ぎをする際には、ゆっくりと足の裏で水を押すようにして、泳ぎましょう。

<背泳ぎ>
背泳ぎは、お腹を水上に出して泳ぐことはできないので、妊婦さんには姿勢が難しいかもしれません。お腹が大きくなると、その分腰が沈んでしまいます。背泳ぎをする際には、無理のない体勢で泳ぎましょう。

<クロール>
クロールは、泳ぎの基本です。妊婦さんにとっても、一番泳ぎやすい泳ぎ方であると思います。

<バタフライ>
バタフライは、一見激しく見える、難しい泳ぎ方に感じますが、妊娠さんの体調改善に効果のある泳ぎ方と言われています。バタフライは、腰から下の下半身を使って泳ぎます。妊婦さんは、妊娠して、お腹が大きくなると体が後ろに反り返ってしまうことから、背中の筋肉に負担がかかり、腰痛になる妊婦さんが多いそうです。普段、腰を動かす機会がなかなかないために、腰痛を解消できないでいる妊婦さんには、バタフライのように、体をしならせ、腰から下の下半身全身を使う泳ぎ方をマスターすることによって、体調を改善につながると言われています。

大きなお腹を抱えた妊婦さんは、なかなか激しい運動はできません。浮力使った水泳は、妊娠線予防にお勧めです。妊娠線予防の運動を取り入れましょう。

スポンサードリンク

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0