妊娠線対策.net

This page:妊娠線対策.netTOP > 妊娠線予防 > 妊娠線予防のために適度な運動を

妊娠線予防のために適度な運動を

妊娠線,妊娠線予防,運動

妊娠線予防のために、妊娠中も体調に合わせて、適度な運動を心がけましょう。

妊娠線予防のために適度な運動を心がけましょう。妊娠中に行う運動には、妊娠中に適する運動と妊娠中に適さない運動とがあります。

<妊娠中に適する運動>
妊娠中に適する運動とは、妊婦さん、そしてお腹の赤ちゃんが安全であることが条件になります。そして、運動による効果が得られることも、条件になります。妊娠期間中、継続して行える運動であり、楽しめる運動が、妊娠中に適する運動です。

例えば、ウォーキングは、妊娠中に適する運動です。また、妊婦さん用にアレンジされたエアロビクスや水泳、今人気のヨガも、妊娠中に適した運動と言われています。ゆっくりと全身に徐々に力を加えられる運動を取り入れましょう。

<妊娠中に適さない運動>
妊娠中に適さない運動とは、動きや振動の激しいスポーツ、人と接触するもの等、妊婦さんやお腹の赤ちゃんの安全が確保できにくいものが該当します。

例えば、テニスやゴルフ等は、動きが激しいスポーツですし、バスケットボールやバレーボール等の団体競技は人との接触を伴いますので、妊娠中に適さない運動と言われています。急激に全身の力を加えるといったスポーツは、避けましょう。

適度な運動で体を動かすことによって、体重増加のコントロールができるため、妊娠線ができにくい体質を作ることができます。妊娠線予防のために、妊娠中も体調に合わせて、適度な運動を心がけましょう。

スポンサードリンク

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0