妊娠線対策.net

This page:妊娠線対策.netTOP > 妊娠線治療 > ダーマローラー

ダーマローラー

妊娠線,ダーマローラー,予防方法

ダーマローラーを用いることで、皮膚の再生を促し、妊娠線が薄くなり、目立たなくすることが可能になります。

妊娠線を確実に予防する方法は、残念ながらまだないようですが、妊娠線を予防方法としては、体重が急激に増えないように注意することと、妊娠4ヵ月から5ヵ月頃、お腹の大きくなる頃から、保湿クリーム等を使って、毎日保湿ケア・マッサージを行うことで、皮膚に柔軟さを与えることが、予防になると言われています。

妊娠線が完璧に予防できればよいのですが、うっかり見落としていた部位にできてしまった、体重管理や毎日の保湿ケア・マッサージ等を行ったが、予防が十分でなかったために妊娠線ができてしまうこともあります。

そんな妊娠線を治療する方法として、ダーマローラーを用いた治療があります。ダーマローラーを用いることで、皮膚の再生を促し、妊娠線が薄くなり、目立たなくすることが可能になります。
ダーマローラーとは、髪の毛よりも細い200本程からなる針の付いたローラーです。このダーマローラーを使って、妊娠線を解消することが可能です。

ダーマローラーを使って気になる部位に直接ローラーを転がすことで、肌の真皮層を刺激します。その刺激によって真皮内のコラーゲンを増加させる効果のある方法です。ビタミンやプラセンタ等の美肌成分を同時に浸透させることもできるため、ダーマローラーを用いることで、皮膚にダメージを与えずにコラーゲンを生成させ、妊娠線を薄くし、目立たなくすることが可能になります。

ダーマローラーを用いた治療は、必要な部位に麻酔クリームを塗り、ローラーを転がす治療で、所要時間は30分程度の治療です。治療の際、表面麻酔を行うため、大きな苦痛のない治療方法です。治療した後の肌の赤みや腫れ等の症状は、数日以内で沈静化し、普段の生活に支障があまりありません。

スポンサードリンク

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0