妊娠線対策.net

This page:妊娠線対策.netTOP > 妊娠線治療 > カーボメッド

カーボメッド

妊娠線,カーボメッド,予防方法

カーボメッドを用いることで、肌の代謝が活発になり、妊娠線を薄くし、目立たなくすることが可能になります。

妊娠線を確実に予防する方法は、残念ながらまだないようですが、妊娠線を予防方法としては、体重が急激に増えないように注意することと、妊娠4ヵ月から5ヵ月頃、お腹の大きくなる頃から、保湿クリーム等を使って、毎日保湿ケア・マッサージを行うことで、皮膚に柔軟さを与えることが、予防になると言われています。

妊娠線が完璧に予防できればよいのですが、うっかり見落としていた部位にできてしまった、体重管理や毎日の保湿ケア・マッサージ等を行ったが、予防が十分でなかったために妊娠線ができてしまうこともあります。

カーボメッドは、妊娠線の解消に効果があると言われています。カーボメッドとは、炭酸ガスを皮下脂肪に注入して脂肪組織を分解させる治療方法です。カーボメッドを用いることで、肌の代謝が活発になり、妊娠線を薄くし、目立たなくすることが可能になります。

カーボメッドとは、フランスで開発された動脈硬化やリウマチ等の治療に用いられていた技術がもととなっています。機械を使い炭酸ガスを皮下脂肪に注入し、脂肪組織を分解します。炭酸ガスを皮下脂肪に注入すると、血液中から酸素が放出されやすくなり、その結果、炭酸ガスを注入した部位にたくさんの酸素が集まり、細胞の活動が活性化されます。炭酸ガスの注入により、新陳代謝が高まり、気になる部分の再生が促されるという治療方法です。

カーボメッドで用いられる針は、点滴の針よりさらに細い針です。痛みの感じ方に個人差がありますが、細い針で刺す痛みはほとんど感じられず、治療には麻酔の必要もありません。痛みや腫れが伴わないため、治療当日からシャワーや入浴もでき、普段通りの生活に戻れる、日常生活に制限のない治療方法です。

治療時間は、炭酸ガスの注入する量や速度によって異なりますが、10分から30分程度になります。注入した炭酸ガスは、体内にとどまり続けるのではなく、肺から呼吸で排出されます。

点滴の針よりもさらに細い針を使って注射するという事、身体や生活への負担がほとんどないという事がポイントの治療方法です。

スポンサードリンク

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0