妊娠線対策.net

This page:妊娠線対策.netTOP > 妊娠線治療 > ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

妊娠線,ケミカルピーリング,予防方法

ケミカルピーリングを用いることで、新しい皮膚の再生を促し、妊娠線が薄くなり、目立たなくすることが可能になります。

妊娠線を確実に予防する方法は、残念ながらまだないようですが、妊娠線を予防方法としては、体重が急激に増えないように注意することと、妊娠4ヵ月から5ヵ月頃、お腹の大きくなる頃から、保湿クリーム等を使って、毎日保湿ケア・マッサージを行うことで、皮膚に柔軟さを与えることが、予防になると言われています。

妊娠線が完璧に予防できればよいのですが、うっかり見落としていた部位にできてしまった、体重管理や毎日の保湿ケア・マッサージ等を行ったが、予防が十分でなかったために妊娠線ができてしまうこともあります。

そんな妊娠線を治療する方法として、ケミカルピーリングがあります。ケミカルピーリングを用いることで、新しい皮膚の再生を促し、妊娠線が薄くなり、目立たなくすることが可能になります。

ケミカルピーリングとは、妊娠線ができてしまった部位に酸等の液体を塗り、皮膚表面の古い角質を取り除き、新しい皮膚の再生を促す治療方法です。酸等の液体は角質だけでなく、表皮や真皮にまで浸透して溶かし、新しい皮膚の再生を促します。新しくよみがえった健康で美しい皮膚、肌に弾力を持たせた皮膚、コラーゲンが増加した丈夫な皮膚は、妊娠線を薄くし、目立たなくします。

ケミカルピーリングは、角質や表皮を溶かし、剥がすため、肌へのケアが重要になります。表皮の役目であるバリア機能や水分保持機能を十分に補うよう、アフターケアを行いましょう。

スポンサードリンク

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0