妊娠線対策.net

This page:妊娠線対策.netTOP > 妊娠線 > 妊娠線のできやすい人・妊娠線のできにくい人

妊娠線のできやすい人・妊娠線のできにくい人

妊娠線のできやすい人,妊娠線のできにくい人

妊娠線には個人差があり、妊娠線のできやすい人・妊娠線のできにくい人がいるようです。

妊娠線のできやすい人・妊娠線のできにくい人、違いはあるのでしょうか。

妊娠線とは、妊婦さんの体、皮膚表面にできるひび割れのような線のことです。妊娠中にお腹が大きくなるスピードに対して皮膚の伸びが追いつかず、縦状にみみず腫れのような赤紫色の線ができること、その線が妊娠線です。

妊婦さんの8割から9割の人に、妊娠線が出来ると言われていますが、妊娠線には個人差があり、妊娠線のできやすい人・妊娠線のできにくい人がいるようです。

例えば、皮膚が柔軟な人、肌に弾力のある人は、妊娠線ができにくい傾向にあると言われています。事前に保湿ケアをしっかりと行い、潤いのある肌を保つことで、妊娠線ができにくい体を作りましょう。

妊娠する以前に痩せていた人、皮下脂肪の厚い人、小柄でお腹が突き出ている人、双胎等多胎児を妊娠中の人は、妊娠線ができやすい傾向があると言われています。また、出産を経験していない初産婦より、出産を経験したことのある経産婦は、妊娠線が出やすいと言われています。

上記にあてはまる要素のある人は、注意しましょう。

スポンサードリンク

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0