妊娠線対策.net

This page:妊娠線対策.netTOP > 妊娠線 > 妊娠線のできやすい部位

妊娠線のできやすい部位

妊娠線,できやすい,脇腹,胸,お尻,脚

妊娠線のできやすい部位は、脂肪のつきやすいところです。

妊娠線のできやすい部位は、どのあたりでしょう。

妊娠線とは、妊婦さんの体、皮膚表面にできるひび割れのような線のことです。妊娠中にお腹が大きくなるスピードに対して皮膚の伸びが追いつかず、縦状にみみず腫れのような赤紫色の線ができること、その線が妊娠線です。

妊娠線は、できたばかりのときには赤紫色の筋ですが、時間の経過とともに白色の筋になっていきます。出産後、お腹が小さくなってくると赤紫色の筋の色素が薄くなり、妊娠線が目立たなくなってくるようです。

妊娠線は、腹部によく見られますが、実は腹部だけでなく、脇腹・胸・お尻・脚等の皮膚にもできることがあります。妊娠線のできやすい部位は、脂肪のつきやすいところです。脇腹・胸・お尻・脚等に表われるので、腹部だけのケアでは不十分と言えます。体全体をケアしていきましょう。

妊娠線は、線幅2mmから3mm、長さ5cm程の筋で、触ると周囲の皮膚よりへこんでいるのが特徴です。妊娠線自体が痛むことは特にありませんが、かゆみがともなうことがあるようです。乾燥しないように注意しましょう。

スポンサードリンク

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0