妊娠線対策.net

This page:妊娠線対策.netTOP > 妊娠線 > 妊娠線とは

妊娠線とは

妊娠線,妊婦,ひび割れ,線

妊娠線とは、妊婦さんの体、皮膚表面にできるひび割れのような線のことです。

妊娠線とは、一体どういったものでしょう。

妊娠線とは、妊婦さんの体、皮膚表面にできるひび割れのような線のことです。妊娠中にお腹が大きくなるスピードに対して皮膚の伸びが追いつかず、縦状にみみず腫れのような赤紫色の線ができること、その線が妊娠線です。

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織で構成されています。一番外側が表皮、その内側に真皮、そして皮下組織という構成です。

妊娠して腹部が大きくなると、お腹のあたりの皮膚はだんだんと伸びていきます。その際、皮膚の一番外側の表皮は、お腹の大きさに応じて伸びることができます。しかし、表皮の内側の真皮と皮下組織の一部は、性質上弾力性がないため伸びにくく、お腹が大きくなることについていけず、そのため亀裂が生じます。この時生じた亀裂が、赤紫色の線状となってあらわれ、妊娠線ができます。

また、お腹が大きくなることで皮膚が伸びて薄くなり、毛細血管等が透けて見えるために妊娠線が起きることがあります。

スポンサードリンク

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0